Surprise Me!

『君の膵臓を食べたい』最大の謎はXXが一切登場しないこと!その理由とは?

2017-08-12 26 17 18,930 YouTube

現在公開中の話題作『君の膵臓をたべたい』は、人気小説の実写化によるラブストーリー。 今回鑑賞したのは、公開初日の最終回。何度も映画館で目にした予告編からは、良くある難病物で確実に泣ける映画、そんな印象しか無かった本作。ただ、そのある種「不穏な」タイトルから、いわゆる「胸キュン恋愛映画」では無いかも?そんな不安を胸に抱きながら鑑賞に臨んだのだが、果たしてその内容とはどんな物だったのか? ストーリー 高校時代のクラスメイト、山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに、母校の休止となった「僕」(小栗旬)。彼は図書館の蔵書の整理作業中、教え子と話すうちに、彼女と過した数ヶ月を思い出していく。 膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然に見つけたことから、「僕」(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過す時間が増えていくことに。だが、残された日々を懸命に生きる彼女の人生は、ある日突然終わりを告げる・・・。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友の恭子(北川景子)もまた、「僕」と同様に桜良と過した日々を思い出していた。 そして、ある事件をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いが二人に明かされる・・・。 主演の二人の純粋さに泣ける!そして小栗旬が素晴らしい! 原作未読で鑑賞に臨んだ本作だが、これは良かった!